現代ウクライナのナショナリズム——「ホロドモール」弾劾というイデオロギー

現代ウクライナナショナリズム——「ホロドモール」弾劾というイデオロギー

 

 1991年のソ連の崩壊によって資本主義国家として独立したウクライナ、このウクライナの支配階級にのしあがり国家権力を掌握した人びとが、同じ支配階級に属する人びとや自分たちが支配する労働者・農民・その他の諸階層の人びとを国家として統合するために、幻想的な共同性をあらわすものとしてこれらのすべての人びとに貫徹したイデオロギー、これが現代ウクライナの独自のナショナリズムなのであり、その機軸をなすものが「ホロドモール」弾劾というイデオロギーなのである。

 「ホロドモール」とは、ウクライナ語で「飢餓による殺戮」という意味をあらわす造語である。この言葉がさす物質的な対象は、1932年から33年にかけてウクライナできわめて多数の餓死者が生みだされたという事態である。この「ホロドモール」という呼称には、この事態を、ウクライナもその構成共和国の一つをなしていたソ連、このソ連の指導部であったボルシェビキが、ウクライナ民族を絶滅するために大飢饉を意図的に人工的につくりだしたことによって生みだされたものなのだ、という意味がこめられているのである。

 この事態をわれわれの観点から分析するならば、それは、スターリンが、農業を強制的に集団化しコルホーズをつくりだしたことを基礎にして、ソ連経済の急速な重工業化を目的とし、これを実現するのに必要な機械を輸入するために、コルホーズの農民から・彼らが飢えるのもものともせず・穀物を供出させたこと(「飢餓輸出」と呼ばれる)、これによってもたらされた事態なのである。

 ところが、1991年を結節点としてウクライナの支配者となった者たちは、この事態を引き起こした主体を、スターリンと彼が掌握したソ連指導部と把握するのではなく、このスターリンレーニンを引き継いだものとして・レーニンが指導していたボルシェビキそのものと描きあげたのである。ウクライナの支配者たちは、そのうえで、そのボルシェビキは、大ロシア民族がウクライナの土地を奪うために、ウクライナ民族を絶滅することを狙って、大飢饉と飢餓を意図的に人工的につくりだしたのだ、という像をこしらえあげたのである。すなわち、彼らは、ウクライナの労働者たちと農民たちが、ソ連の過渡期(その第一段階と第二段階とをふくむ共産主義社会への過渡期の社会)の経済建設をどのようにおしすすめるのかという立場にたって、スターリンの・農業の強制的集団化政策の誤謬と、農民を犠牲にしての重工業化政策の誤りとをあばきだす理論的作業に踏みだす、という道を絶ったのである。ウクライナの新たな支配者たちにとっては、労働者たちや農民たちを、自分たちの支配する国家に統合するために、このような虚偽のイデオロギーを彼らに貫徹することがどうしても必要だったのである。だからまた、彼らは、1932年から33年にかけては、大飢饉と餓死は、ソ連全域の農村で生みだされたものであったにもかかわらず、ウクライナでのみ生みだされたものと描きあげたのである。

 このようなものとして、「ホロドモール」弾劾のイデオロギーは、反ソ連=反ロシアの排外主義のイデオロギーなのであり、反ボルシェビキ=反共産主義イデオロギーなのである。それは、労働者・人民を国家として統合するための現代ウクライナナショナリズムイデオロギーなのである。

 2005年にユーシチェンコが大統領に就任するとともに、当該の事態を「ウクライナ民族にたいする虐殺である」と認定する決議を議会で挙げた。

 さらに2015年には、ウクライナの支配者たちは、「ホロドモール」という認識に反する発言をしたり共産主義を主張したりした者は罰する、と規定した「反共産主義法」を制定した。

 ウクライナの労働者・人民は、ロシアのウクライナ侵略を阻止するとともに、米欧日の帝国主義諸国の支援をうけたゼレンスキー政権による対抗的軍事行動への自分たち労働者・人民の駆り出しをうちやぶるために、そしてこの闘いをつうじて、ウクライナのプロレタリア革命を実現する組織的基礎を創造するために、「ホロドモール」弾劾というイデオロギーを基軸とするウクライナナショナリズムからみずからを解き放ち、みずからをプロレタリア階級として組織し階級的団結をかちとるのでなければならない。

 

天皇制ボナパルティズム国家が日本民族をつくったのである

天皇ボナパルティズム国家が日本民族をつくったのである

 

 エスニシティと呼ばれるものや民族と呼ばれるものは、いったい、どのようなものなのか。われわれがそのイメージを浮かべやすい・日本民族と呼ばれるものの成立について考えてみよう。

 明治政府という現実形態をとった天皇制絶対主義国家が、そしてこれが形態変化をとげたところの天皇制ポナパルティズム国家が、日本民族と呼ばれるものをつくったのである。私はこう考えるのである。

 あらかじめ歴史上、日本人という民族があったうえで、あるいは日本人・沖縄人・アイヌ人というエスニシティがありこれが統合されて、日本のブルジョア国家が成立した、ということではない、と私は考えるのである。漠然とであれ私が否定したような像を描くのは、天皇ボナパルティズム国家を原型とし、これを過去に投影して解釈するものである、といわなければならない。

 民族なりエスニシティというばあいには、その一つのメルクマールとして、言葉を共有しているということが挙げられるのであるが、明治政府が成立したときには、東北地方の人たちと薩摩地方の人たちとでは言葉が通じなかったのである。江戸時代には藩ごとに経済も文化も言葉も地方分散的だったのであり、京都で流行った言葉が時間=時代とともにだんだん遠くへ伝搬していくという傾向をもっていただけなのである。明治政府が、東京の山の手の教養をもった人たちの言葉を標準語と定め、これを義務教育で人びとに強制したことによって、日本語というものが成立したのである。地方の子どもたちは、親をまねて体得した言葉を使うと罰として「方言札」といったものをつけさせられて晒し者にされたのである。これは、沖縄の子どもたちと人びとが一番大変だったのである。このような国家権力による強制がなければ、日本語の成立はありえなかったのである。

 また宗教にかんしても、明治政府が「神仏分離令」を出し、神仏分離政策という名のもとに神道を、支配階級を構成する人びとおよび労働者と農民に貫徹したのである。この国家的強制のもとに、「廃仏毀釈」運動が組織され、仏像や寺を壊して、神道天皇制国家の普遍的宗教となったのである。自然宗教として「八百万の神」を信じる人びとが日本民族となり、この民族が明治期の日本の国家をつくった、ということでは決してない。

 すなわち、徳川幕府を倒して明治政府をつくり・みずからを支配階級におしあげた人びとが、国家統合のイデオロギーとして——人びとに受け入れられやすいものとするために天皇家に伝承されてきた宗教的儀式や村々のしきたりを基礎にして——天皇イデオロギーを創造し、これを被支配階級たる労働者と農民に貫徹したのであり、こうすることによって日本の天皇制国家を(封建制から資本制への過渡期の国家である絶対主義国家から、ブルジョアジー独裁の一統治形態をなすボナパルティズム国家に形態変化をとげたそれを)つくりだしたのである。

 エスニシティや民族を歴史貫通的なものとみなし「民族の独立」を至上の目的として希求するのは、太平洋戦争に打って出て、東アジアの人びとを殺し、日本の労働者と農民に無残な死を強制した天皇制国家と支配階級への怒りがない、といわなければならない。

 

アメリカの仮想通貨業の諸企業が相次いで倒産!――金融危機のりきりのための搾取と収奪と抑圧の強化を許すな!

アメリカの仮想通貨業の諸企業が相次いで倒産!――金融危機のりきりのための搾取と収奪と抑圧の強化を許すな!

 

 暗号資産(仮想通貨)の貸し付けの業務をおこなうアメリカ企業ブロックファイが11月28日に、日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条の適用を申請した。同社のこの経営上の破綻は、同社が金融的支援を受けていた仮想通貨交換業大手のFTXトレーディングやその関連会社が11月11日に倒産したことにもとづく。FTXの破綻に連鎖するかたちで仮想通貨業界の諸企業は信用上の不安にゆさぶられているのである。

 このことは、アメリカの急激なインフレーションを抑えるためにFRBアメリ連邦準備制度理事会)が立て続けに大幅な利上げをおこなってきたことを要因とする。すなわち、インフレを抑えるためのアメリカ金融当局の金融引き締め政策の実施が、人びとの目に見えるかたちでは、まず、金融的バブルの最先端をなす仮想通貨業の諸企業の倒産というかたちであらわとなった、ということにほかならない。

 この急激なインフレーションそれ自体、ロシアのウクライナへの軍事侵略と米欧日の帝国主義諸国によるこのロシアへの経済制裁にもとづくものである。すなわち、アメリカに垣間見えはじめた金融的危機は、中露の東側帝国主義諸国と米欧日の西側帝国主義諸国との軍事的・政治的・経済的の抗争の激化を根源とするのである。

 双方の帝国主義諸国の権力者と支配階級は、労働者・人民の搾取と収奪と抑圧のよりいっそうの強化を基礎としてその危機をのりきることを策しているのである。

 全世界のプロレタリアートは、この搾取と収奪と抑圧の強化をその根底から覆すために、階級的に国際的に団結しよう!

「一握(いちあく)の給与」

「一握(いちあく)の給与」

 

 きょうの「よみうり時事川柳」の評がおもしろい(「読売新聞」11月1日朝刊)。

 投稿された「啄木がスマホでぢつと見る給与」という川柳に、選者の片山一弘は「秀」印をつけ次のように評している。

 「そのままスマホ支払いに消えることなかれ一握の給与。」

 

胡錦涛はみじめなかたちで連れ出された

 共青団派の排除

 

 スターリニスト官僚から転化した中国の資本家的官僚と新たな資本家階級の頭目習近平は、みずからの専制的支配体制を確立した。

 党大会の最終日に不満顔を見せた胡錦涛は、みじめなかたちで追いだされた。習近平に耳打ちされた配下の係員に連れ出される胡錦涛は、李克強の肩をポンとたたくのがせいぜいであった。ここに、経済への国家的統制の強化を望まない共青団共産主義青年団)派は壊滅させられた。胡錦涛のまえにおかれた赤い表紙の中央委員名簿には、共青団出身の李克強の名も汪洋の名もなかったのである。

 これらのことはすべて、スターリニスト官僚から転化した資本家どもを中軸とする中国の新たなブルジョアジー、このブルジョア階級を階級的基盤とする資本家的官僚どもの内部抗争の帰結にほかならない。

 

これはおもしろい! 習近平の「太子密建法」という歴史的アナロジー

これはおもしろい! 習近平の「太子密建法」という歴史的アナロジー

 

 「日本経済新聞電子版」に載っていた歴史的類推がおもしろかったので、ここに引用する。

 <約300年前の清朝の時代。当時の皇帝である雍正帝は後継の名前を紙に記し、玉座の背後にかかる「正大光明」と書かれた額の裏に隠した。後継者は臨終の間際まで明かさなかった。激しい跡目争いを見てきた雍正帝は、後継者である太子をひそかに決めておく「太子密建法」を編みだし、清朝の安定につなげた。習氏も、後継者を明示しないことで忠誠を競わせようとしている、との見立てだ。>

 習近平が「後継者を明示しないことで忠誠を競わせようとしている」という分析については、私もそう思うが、後継の名前を記した紙を額の裏に隠した、というのは、そうではないであろう。習近平は、後継者をまだ決めていないであろう。そして、臨終の間際になっても決めないであろう。

 習近平は、スターリン主義者でも「ネオ・スターリン主義者」でもなく、資本家的「党=国家」官僚なのであるが、かつてスターリン主義者であった時代に身につけたスターリンの手法を自分の体と心と頭に染みわたらせており、自分の地位を脅かしかねない人物を切って捨てたのだ、と言える。

 

習近平専制支配体制の強化確立

習近平専制支配体制の強化確立

 

 習近平はみずからが主導して、中国の「社会主義現代化強国」としての確立と「台湾の武力解放」を掲げ、中国共産党政治局常務委員会と政治局を、自分が地方官僚であった時代からの腹心と忠誠心の厚い部下とで固めた。これは、スターリン主義官僚から転化した中国の資本家階級の利害を体現するその頭目習近平が、アメリカ帝国主義から世界の覇権を奪いとり自国の雄飛をはかるために、みずからの専制的な支配体制を強化確立したことを意味する。

 米欧日の西側帝国主義と中露の東側帝国主義の抗争と、彼らによる世界の労働者・人民の分割支配をその根底的からくつがえすために、全世界のプロレタリアートは国際的に階級的に団結しよう!