日本の核武装化を狙う野望、アメリカ高速炉計画への日本の参加反対!

日本の核武装化を狙う野望、アメリカ高速炉計画への日本の参加反対!

 

 <米高速炉計画 日本参加へ>と読売新聞が大々的に報じた(2022年1月1日)。

 この計画の実現への日本の参加は、現岸田政権をささえる安倍晋三らの政治エリートとそれにつながる日本独占ブルジョアジー内の潮流が、日本の核武装化の野望を抱いて、あくまでも核技術開発をおしすすめていく意志を貫徹したものにほかならない。彼らは、——日本の支配階級内の核技術開発に消極的な部分と対抗しながら、――世界の覇権の掌握を画策する習近平の中国によってアメリカ帝国主義がどんどん追いつめられていくという世界情勢のもとで、日米軍事同盟を強化するかたちにおいて日本を核武装化する機会を虎視眈々と狙っているのである。

 このような日本の核武装化の野望をうち砕こう!

 この高速炉開発は、マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツが設立したテラパワー社とアメリカ・エネルギー省が計画したものであり、2028年にワイオミング州での運転開始をめざすという。これに日本原子力研究開発機構三菱重工業がその技術開発に協力し、高速増殖炉もんじゅ」の技術を提供するというものである。

 計画されているものは「高速増殖炉」と呼ばれるのではなく「高速炉」と呼ばれているように、「もんじゅ」のように核分裂しにくいウラン(ウラン238)をプルトニウムに変えて核燃料を増殖させる能力をもたない。燃料としては、濃度の高いウラン235を使う。その濃度は、5~20%というように、通常の原子力発電所の3~5%よりも格段に高いのである。安倍晋三らにとっては、日本がウラン濃縮技術を公然と持つためにも好都合であり、プルトニウムを使う核兵器だけではなく、ウランを使う核兵器の開発にも役に立つ、というわけなのである。しかも、「脱炭素」を叫ぶビル・ゲイツを表看板としておしだせば、イデオロギー的煙幕としても好都合だ、というわけなのである。

 この高速炉は「もんじゅ」と、冷却材としてナトリウムを使うということが同じであることからして、ナトリウムを循環させる配管技術を日本側は提供するのである。すなわち、「もんじゅ」を反面教師とするということであり、ナトリウムの爆発事故を起こしたその資料を提出して、そのようなことが起こらないようにするために日米双方で頭をひねり合う、ということである。

 とにもかくにも、安倍晋三らは、日本が核兵器を持つ日を待ちわびて、膨大なプルトニウムを持ちつづけ、核技術を開発しつづけるために必死なのである。

 日本の支配階級のこのような野望と策動をうち砕くために、労働者たち・勤労者たち・学生たちは、階級的に団結してたたかおう!

 

中国のEV企業、乗用車の分野でも日本に進出

中国のEV企業、乗用車の分野でも日本に進出

 

 中国の自動車諸独占体は、乗用車の分野でもEV(電気自動車)を投入して、日本市場への進出を開始した。中国第一汽車集団は、日本で初めてとなる販売店を設けて、2022年夏にSUV(多目的スポーツ車)を売り出す計画をうちだした。比亜迪(BYD)はすでに中型車の販売をはじめた。中国の諸企業はエンジン車では日米欧の諸独占体の牙城を崩せなかったのであったが、技術開発の世界的な流れがEVに転換したのを機に世界市場に進出するという企業戦略をとったのであった。中国の諸企業は、商用のEVの分野では、対応する車種がまだ少ないという日本の諸独占体の弱点を突いて、日本への輸出を急増させてきた。いま、乗用車の分野においてもということなのである。

 トヨタは、いろいろなEVの車種をそろえるという方針をうちだしたのであったが、それは、中国勢のこのような攻勢への対応ともいいうる。

 世界の自動車諸独占体は、労働者たちの搾取を強化するための競争にしのぎをけずっているのである。

 全世界の労働者たちは階級的に団結して、独占資本家どものこの悪辣な攻撃をうち破ろう!

 

脱炭素化にネガティブとみられていることの払拭に懸命——トヨタ

脱炭素化にネガティブとみられていることの払拭に懸命——トヨタ

 

 トヨタ自動車豊田章男社長は、EV(電気自動車)の2030年の世界販売目標を350万台とすると発表した。これは、FCV(燃料電池車)をふくめて200万台としていた従来の目標から大幅に引き上げるものであり、研究開発や設備投資に4兆円を投じる、という。

 この男は、世界の自動車大企業のなかでトヨタが脱炭素化にもっともネガティブな姿勢でであるとみられている、この冷たい視線を払拭することを企てたのである。

 だが、それは、トヨタが、世界の自動車企業のなかで、労働者たちをもっとも無慈悲に搾取し、自資本をもっとも強烈に増殖することを狙うものにほかならない。

 

コオロギ食で生き残りをはかるエンジン部品企業

コオロギ食で生き残りをはかるエンジン部品企業

 

 昆虫食が未来のたんぱく源として期待されている、というニュースを今朝のNHKでやっていた。いま注目されているのがコオロギ。

 脱炭素産業革命によって自動車独占体から切り捨てられることに危機意識を燃やしたエンジン部品製造企業が、生き残りをかけて、コオロギを加工していろんな食品をつくる技術の開発と生産にのりだしているのだという。金属を粉末にして高熱で加工する技術を活かして、コオロギを粉末にして高温で加工してスナック菓子などをつくるのだそうだ。

 試食した記者は「香ばしくておいしい」と言っていたが、私は手をだせそうにない。

 資本の延命策なのだとはいえ、日本労働運動の現状をみすえ、切り捨てられることが確実なこの企業の労働者の生活を考えると、私は複雑な思いに駆られる。この企業の労働者たちはいかにたたかうべきなのか。

 高瀬キャスターは、「まだ抵抗はありますが、徐々に気持ちを整えていきたいと思います」、と言っていた。

 

女性や65歳以上の者の搾取を強化して延命を図る日本資本主義

女性や65歳以上の者の搾取を強化して延命を図る日本資本主義

 

 「停滞の20年」——日本の設備投資の動向である。

 経済協力機構(OECD)の資料によれば、設備の総量をしめす「生産的資本ストック」の伸びは、2000年から2020年の20年間に、イギリスは59%、アメリカは48%、フランスは44%、ドイツは17%であったのに、日本は9%にすぎなかった、という。日本では大して設備投資がおこなわれなかったのである。

 これとは対比的に、日本では2010年代の10年間に、人口減にもかかわらず就業者数は378万人増え、とくに女性や65歳以上の働き手が多くなったのだという。

 日本の資本主義は、女性や65歳以上の人たちを、搾取材料として、もろもろの生産工程や流通部門やまた事務部門などにくみいれ、彼らをこき使い搾り取る、というかたちで延命してきたのである。

 ロボットなどを駆使して壮年層の労働者をこき使った欧米諸国の資本主義よりも、日本の資本主義の方がよりいっそう無慈悲であり冷酷非道であった、というべきか。いずれであったとしても、独占資本家どものあがきなのである。

 全世界の労働者たちは、独占資本家どもによる搾取の強化をうち破るために階級的に団結してたたかおう!

 

ライオンも狩りをする。ましてや人間は。

ライオンも狩りをする。ましてや人間は。

 

 魚も鏡で自分がわかる。

 ライオンも狩りをする。

 ましてや人間は。

 私には、人間と動物とは密接につながっている、という気がする。人間は、労働する主体である、という点において動物と区別される、というのはそうであろう。だが、人間は、意識をもっている、という点において動物と区別されるのかどうかというと、どうも違うような気がする。動物は、人間のように言語を駆使するというような意識はもってはいない。だが、動物は、人間にそれなりに匹敵するような意識をもっている、という気が、私にはするのである。

 人間は、ぼやぼやしていると動物に負けてしまう、という気がするのである。人間は、堕落することもできるという、動物にはない・優れた特性をもっているからである。

 ライオンは、草原の場において、本能につきうごかされつつ、シマウマをどのようにして捕るのかを、言語体なしの即自的概念のようなものをつかって構想し、仲間に伝えあい、見つけたシマウマを包囲し、追いつめていく。これは、ただ本能につきうごかされているだけの、蜂が巣をつくるのとは異なるものである。

 人間は、対象的現実に面々相対して、これをどのように変革するのかという目的と手段の体系を構想し、おのれのこの意志にのっとって実践する。だが、同時に、自覚的に共同体的存在である人間は、対象的現実を変革するという実践的立場を喪失し、現実の動きに、波間にただよう木の葉であるかのように、身をゆだねていることもできる。他者に依存しているだけでいることもできる。自己否定の立場=自己変革の立場を失い、対象的現実を変革しうる主体へとみずからを変え訓練し鍛えあげていくことをかなぐり捨て、現状の自己に安住していることもできる。これらはすべて、人間が共同体的に自覚的存在であることにもとづくのであり、共同体的に自覚的であるということは、他面では同時に、これを反転させて、みずからを疎外することができる、ということでもあるからなのである。

 動物は、けっして、疎外された社会を創造することはない。また、けっして、特定の一個体が、その動物種の集合体に自分を埋没させ、他の個体に依存することはない。すべてのそれぞれの個体は、あらかじめ、その動物種の集合体に埋没した存在であるからである。

 

魚も自分がわかる。ましてや人間は。

魚も鏡で自分がわかる。ましてや人間は。

 

 幸田正典著『魚にも自分がわかる 動物認知研究の最先端』(ちくま新書)の書評(中村桂子)が東京新聞(2021年11月20日朝刊)に載った。

 これがおもしろい。

 体表につく寄生虫を捕る習性のある熱帯魚ホンソメワケベラに鏡を見せた。そうすると、最初は鏡を攻撃していたホンソメが、三日目ごろから鏡の前で逆さになったり踊ったりする行動をとりはじめ、一週間で攻撃をやめた。

 そこで、この魚の喉に茶の色素を注射した。鏡を置かないと何ごとも起こらなかったのだが、鏡を置くと、このホンソメは喉をこすった。

 このホンソメには、鏡に映っているのが自分だ、とわかったのだ。

 著者は「あまりの衝撃に『オーっ』と叫んだ。ほんとうに椅子から転げ落ちそうになった」という。

 魚にも自分がわかるのだ。

 マルクスは『資本論』の価値形態論において商品の「価値鏡」を明らかにした。商品は、自分が関係をもつ他の商品の体(からだ)すなわち使用価値を自分の鏡として、これに自分の価値を映しだすのである。

 人間は他の人間を自分の鏡とする。

 私は若い労働者や学生に話しかける。話しかけられた彼や彼女は、ニッコリしたり、嫌な顔をしたり、さらには、私の言うマルクスの精神を聞いて自分をプロレタリアとして自覚することを決意してくれる。

 私が話しかけた彼や彼女は私の鏡なのである。彼や彼女がどのように反応し、どのような人間になってくれるのか、ということに私自身が映しだされるのである。このことにおいて、私は私がマルクスの実践的立場をどれだけわがものとしえているのかを自覚するのである。

 魚でも自分がわかる。

 ましてや、われわれは人間である。われわれは自分が接し働きかけるこの人・あの人を鏡として、おのれ自身を省みて、おのれ自身を変革していくのでなければならない。